「マンガワン」で小説が配信開始 ~「0時に無料」で待てば続きが無料で読める

マンガワンで小説配信

《この記事は約 1 分で読めます》

 株式会社小学館は9月20日、コミックアプリ「マンガワン」で新たに小説コンテンツの配信を開始したことを発表した。毎日0時に次の話が無料で閲覧できる「0時に無料」の対象になっている。

 今回配信されたのは『血と灰の女王~善悪の彼岸~』(今慈ムジナ/原作:バコハジメ)、『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』(あまうい白一/イラスト:泉彩/小学館ガガガブックス)、『千葉の殺人』(アッシュ・スミス)の3作品。[連載]の金曜日にマンガと並んで掲載されており、サムネイルの右下に[ノベル]のアイコンが付いている。

 10月以降、順次作品は追加される予定。なお、筆者が確認してみたところ、配信された3作品ともリフローではなく固定レイアウトだった。スマートフォンで読むには、少々難があると言わざるを得ない。ピンチアウトで拡大できるが、文字の周囲が粗くなるため、ベクター画像でもないようだ。

参考リンク

マンガワン

広告

著者について

About 鷹野凌 649 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: /