博報堂とLink-U、文字系コンテンツに特化した書店アプリサービス「まいどく」の提供を開始

まいどく
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社博報堂と株式会社Link-Uは7月29日、スマートフォン向け書店アプリサービス「まいどく」の共同提供を開始した。文字系コンテンツに特化しており、閲覧方式もスマートフォンの画面に最適化されている。

 現状、コミックコンテンツでは購入前に試し読みが可能で、作品ラインアップが多様な電子書籍サービスが、多く存在している。それに伴い、文字系コンテンツに対しても同様のサービスの需要が高まっている状況だった。

 まいどくは、そういった需要に応えることを目的としている。小説・ライトノベル・実用書・ビジネス書といった文字系コンテンツを中心に、これまで書店が担っていた「本を試し読みし、気に入ったら購入する」という仕組みを、アプリで提供するサービスだ。
まいどく
 コンテンツは3000字程のチャプターに分割され、配信されている。一部のチャプターは無料で閲覧できる。その他のチャプターは有料で、アプリ内通貨の「コイン」を購入し使用することで閲覧できる。また、有料チャプターを一つだけ無料で閲覧できるコインが24時間ごとに付与される。このコインで閲覧したチャプターの閲覧期間は72時間。

 チャプターの閲覧方式は「縦書き・横スクロール」ではなく、スマートフォンの画面と親和性の高い「横書き・縦スクロール」を採用している。ラインアップはロングセラーから最新作など多様で、まいどくが独自に発掘した作家による作品も毎月発表していく。参加出版社や作品ラインアップは、今後随時拡充予定とのこと。

参考リンク

株式会社博報堂のプレスリリース
https://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/59595
株式会社Link-Uのプレスリリース
https://www.link-u.co.jp/news/190729_maidoku.php

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About 小桜店子 16 Articles
1994年茨城県生まれ。栃木県出身。出版社でのムック編集を経て、現在はフリーランスに。学生時代『月刊群雛』に影響を受け電子雑誌を創刊、編集長を務めていた。

コメントする

avatar
1000
タグ: /