第10回教育ITソリューションEXPOが開催 ~ 展示会場フォトレポート

東京ビッグサイト青海展示場
東京ビッグサイト青海展示場
noteで書く

《この記事は約 5 分で読めます》

 6月19日から21日まで、東京ビッグサイト青海展示場にて「第10回 学校・教育 総合展(EDIX)」が開催されている。主催はリード エグジビション ジャパン株式会社。同展内の「教育 ITソリューション EXPO」で展示されていたデジタル教科書・教材の配信システムなど、筆者が気になったものを中心にフォトレポートをお届けする。

※写真はクリックで拡大します

丸善雄松堂株式会社

丸善雄松堂株式会社 丸善雄松堂株式会社は、学術・研究機関向けの電子図書館「Maruzen eBook Library」、教育・学習関係特化型個人向け電子書籍「Knowledge Worker」、電子教科書や講義資料などを配信する「Maruzen eText Service」などを展示。

 Maruzen eBook Libraryは電子書籍6万点を提供し、730機関で利用されている電子図書館サービスで、電子シラバスや電子教科書との連携も可能。スマホ対応、試読サービス、リクエスト機能、年間購読型のパッケージなどが新たに追加されている。

東京書籍株式会社

東京書籍 東京書籍株式会社は、小中高等学校のデジタル教科書・教材や教育用アプリ、全国7000学校110万人が利用しているキャリア教育・職業調べサイト「EduTown あしたね」などを展示。

 デジタル教科書・教材の閲覧には、専用ビューア「Lentrance Reader」が必要となる。Windows版とiOS版のアプリと、ブラウザ版が用意されている。

Lentrance Reader Lentrance Readerは、文字の拡大、書体や行間、文字と背景色の変更、写真や図版の拡大、音声読み上げ、映像資料、ペンツールなどにも対応。教科書と教材を並べて2画面表示することも可能。

株式会社Lentrance

株式会社Lentrance 株式会社Lentranceは、デジタル教科書に対応した学習用ICTプラットフォーム「Lentrance」を展示。東京書籍、教育出版、桐原書展、教育図書、教育同人社、文英堂、学校図書、明治書院、実教出版、信州教育出版社が採用している。荒川区の小中学校や、私立清泉女学院中学高等学校での実証実験も実施中。

アイドック株式会社

アイドック株式会社 アイドック株式会社は、デジタルコンテンツ配信プラットフォーム「bookend」を展示。慶應義塾大学通信教育部、総合資格学院、NHK出版の語学講座、東京電機大学理工学部エルゴノミクスデザイン研究室、医学書電子書籍販売・図書館サービス「メディカルオンライン」(株式会社メテオ)、扶桑社「ESSE」電子ブック特典などで導入・利用されている。

Onyx International INC.

Onyx International INC. Onyx International INC.は、電子ペーパー端末「BOOX eReader」「BOOX eNote」、電子楽譜「BOOX e-Score」などを展示。これらの端末を利用した学校ICTソリューション「e-SchoolBag Cloud」のデモも行われていた。

富士ソフト株式会社

富士ソフト株式会社 富士ソフト株式会社は、教育ICTソリューション「みらいスクールステーション」などを展示。株式会社学研教育みらい、学校図書株式会社、教育出版株式会社と共同出展で、デジタル教科書・デジタル教材のデモや体験ができるようになっていた。

株式会社モリサワ

株式会社モリサワ 株式会社モリサワは、UDフォント「MORISAWA BIZ+」の公共団体向けプランなどを展示。スタッフがお揃いの青い「文字屋」のポロシャツを着ていた。

日本電気株式会社/株式会社日教販

日教販 日本電気株式会社(NEC)のブースでは、株式会社日教販のOPE(Open Platform for Education)デジタル教科書・教材配信サービス」が展示されていた。

日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社は、「Microsoft 365 Education」や、教育機関向け Windows 10 デバイス「Surface」などを展示。

ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社

BPS ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社(BPS)は、株式会社新興出版社啓林館、株式会社帝国書院と共同開発のデジタル教科書ビューア「超教科書」を展示。デジタル地図帳の実演デモなども行われていた。

ソニービジネスソリューション株式会社

ソニー ソニービジネスソリューション株式会社は、デジタルペーパーなどを展示。複数台のデジタルペーパーを制御し、文書ファイルの配布や回収、削除などが行えるソリューションも提案されていた。

グーグル合同会社

グーグル合同会社

 グーグル合同会社は、「Google for Education」「G Suite for Education」「Chromebook」「Google Classroom」などの展示と体験デモを行っていた。


参考リンク

学校・教育 総合展(EDIX)
https://www.edix-expo.jp/ja-jp.html
教育ITソリューションEXPO
https://www.edict.jp/ja-jp.html

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About 鷹野凌 250 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

2
コメントする

avatar
400
1 コメントスレッド
1 スレッドの返信
0 フォロワー
 
最も反応のあるコメント
最もホットなコメントスレッド
最新順 古い順 最も投票された
信國幸彦
Member

Onyx International のブースを見逃してしまい残念に思っています。「e-SchoolBag Cloud」というのはどういうソリューションなのでしょう。何かご感想をお持ちではないですか。

タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

関連記事