まんが王国、会員数200万人突破

まんが王国

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社ビーグリーは1月24日、運営する電子書店「まんが王国」の会員数が200万人を突破したことを発表した。現在これを記念し、「200万ポイント山分けキャンペーン」が開催されている。

 まんが王国は2006年に、フォーチャーフォン向けコミック配信サービスとして開始。その後、スマートフォンやタブレット、PCなど、利用可能なデバイスを拡大してきた。ラインアップはマンガのみで6万タイトル。2017年4月7日付の産経新聞・吉田仁平社長インタビューによると、取次は使わず出版社や作家と直接契約しているとのこと。

 まんが王国の会員数は、2018年4月に100万人を突破していた。それから9カ月弱で、倍増したことになる。また、累計ダウンロード数は、2018年10月末時点で9億冊(無料タイトルや、コマ形式タイトルの冊数換算を含む)。

 会員200万人突破記念の「200万ポイント山分けキャンペーン」への参加は、ログインして応募フォームからの応募が必要となる。応募総数で山分けするポイントが決まる。1人最大4口まで応募できる。ニックネーム、生年月日、性別を登録すると、応募口数が2倍になる。応募は2月14日まで。

参考リンク

ビーグリーのプレスリリース
https://www.beaglee.com/news/press/2019/01/4206/
まんが王国「200万ポイント山分けキャンペーン」
https://comic.k-manga.jp/feature/2000000cp
良作掘り起こし電子コミック市場活性化 ビーグリー・吉田仁平社長〈SankeiBiz(2017年4月7日)〉

 スマートフォンやタブレット端末の普及が進み、電子出版の拡大が予想され、特に電子コミック市場の伸びが著しい。出版科学研究所によると2016年は前年比27.5%増の1491億円に達し、電子コミックは電子出版の主力コンテンツとして期待が集まる。電子コミック配信サイト「まんが王国」を運営するビーグリーの吉田仁平社長は「知る人ぞ知る良作を掘り起こし、電子コミック市場を活性化させる」と意気込む。

広告

著者について

About 鷹野凌 649 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: