弁護士ドットコム、GoogleやYouTubeでの著作権侵害調査と削除申請を簡単に行えるツール「弁護士ドットコムRights」を提供開始

弁護士ドットコム

《この記事は約 2 分で読めます》

 弁護士ドットコム株式会社は5月13日、インターネット上での著作権侵害コンテンツなどを調査・削除申請できるリーガルテックサービス「弁護士ドットコムRights」の提供を開始した。

 「弁護士ドットコムRights」では、弁護士法72条(非弁行為)に抵触しないよう、事前に顧客から指定されたルールに従って調査ツールを用いた検索を行い、アメリカのデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に準拠した削除申請を、顧客自身が簡単に行えるツールを提供する。当メディアの取材によると、現状ではGoogleとYouTubeに対応しており、今後は対応範囲を広げるよう検討中のことだ。

 同サービスによって素早く簡単にGoogleに対しDMCA申請が行えることによって、違法コンテンツの流通手段を断ち、正規コンテンツの流通を促進するとともに、海賊版サイトやリーチサイトの検索エンジンからの評価を落とし、運営を成り立たなくする効果も期待できるとする。

 またYouTubeでは、たとえば映像サイズを変更しているような、従来の仕組みでは不正動画と判断しづらい動画コンテンツにも対応しているとのこと。今後は、機械学習などのテクノロジーを活用し、より大量の著作物をより短時間で検索し、コンテンツの不正利用対策を行うことを目指すとしている。

参考リンク

弁護士ドットコムRights
https://rights.bengo4.com/
プレスリリース(PDF)
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80401/7d5eba2c/38a2/497e/8ad5/73f375905c14/140120190512422494.pdf

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

About 鷹野凌 577 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / / / / /

関連記事