カナダの“海賊党”が著作権まるで無視のフリーEブックサイトを再オープン

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 2013年にいったん“離党”したカナダの海賊党のリーダーが、Ebook.bikeというサイトを立ち上げ、北米を中心に著者の気持ちを逆なでしている。

 海賊党のトラヴィス・マクレエのような活動家は世界中におり、もちろんその中にはインターネット上の情報の透明性、プライバシー、言論の自由、反腐敗を目標に掲げたり、マクレエのように著作権法の改定と、情報の無料シェアを目指して活動している者もいる。

 Ebook.bikeのサイトでは、無料で検索、DRMなしの好きなフォーマットでEブックをダウンロードでき、SimilarWebの統計では毎月100万以上のアクセスがある。もちろんマクレエが著者から許諾したのではなく、著者や出版社から反感を買っている。

 それどころかツイッターで抗議の声を挙げる著者に対し、わざと炎上させるような「トロール」として回答をし、さらにサイトへのアクセスを促している。マクレエの言い分は、自分のサイトはユーチューブのような単なるプラットフォームで、1988年成立のデジタルミレニアム著作権法(DMCA:Digital Millennium Copyright Act)の元に守られているという主張だ。

 さっそくイギリスのジョアン・ハリスのように、法廷を通してこのサイトの閉鎖を呼びかける著者も現れた。

参考リンク

著作権関連ニュースTorrentFreakの記事
https://torrentfreak.com/former-pirate-party-leader-trolls-authors-to-push-traffic-to-ebook-site-190306/
英The Booksellerの記事
https://torrentfreak.com/former-pirate-party-leader-trolls-authors-to-push-traffic-to-ebook-site-190306/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

三田誠広×赤松健×大塚大×福井健策×瀬尾太一シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」3月20日開催(オーファンワークス実証事業実行委員会)...  日本文藝家協会や日本漫画家協会など9つの権利者団体で構成されるオーファンワークス実証事業実行委員会は3月20日、オーファンワークス(孤児著作物)実証事業の報告シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」を開催する。パネルディスカッションの登壇者は、小説家・三田誠広氏、マンガ家...
出版広報センター、ダウンロード違法化の対象範囲拡大方針に対し「ネットユーザーやクリエイターの表現行為を萎縮させるようなことがあってはなりません」という見解を発表...  出版広報センターは2月21日、現在法改正が検討されているダウンロード違法化の対象範囲見直しについて、「ネットユーザーやクリエイターの表現行為を萎縮させるようなことがあってはなりません」という見解を示した。これでクリエイターや知財の法学者・研究者のみならず、出版業界からも、文化庁の方針に「待った」が...
「スクショ違法化」ってどういうこと? マンガ家などクリエイターが反対しているのはなぜ? 法学者や弁護士などの緊急声明「海賊版対策に必要な範囲に限定すべき」なのはなぜ?...  いま、海賊版サイト対策を目的とした、著作権法の改正が検討されています。そんな中、「スクショもNG」などといった報道もあり、不安になっている方も多いようです。日本マンガ学会など、クリエイター側からも反対の声が上がっています。さらに、法学者や弁護士などが「海賊版対策に必要な範囲に限定すべき」と緊急声明...
「諦めが悪いんですよ」電子専門出版社の生存戦略 ~ 株式会社アドレナライズ 代表取締役 井手邦俊氏インタビュー...  急成長を続けいまや太い「柱」となった感のある電子コミック市場に対し、「文字もの」と呼ばれる電子書籍市場はいまだ書籍市場の4.4%程度。成長市場ではあるものの、その規模はまだまだ小さいのが現状だ。そんな中、ほとんどのラインアップが文字ものという、電子出版専門の出版社が存在する。それが株式会社アドレナ...
実効性のない法律に意味はあるのか?「違法ダウンロード範囲拡大を考える院内集会」レポートと考察...  「二次創作のイラストをダウンロードするのも違法となる可能性がある」「悪意ある侵犯者には効果がないような法改正にどんな意味があるのか?」 ── 2月8日に参議院議員会館で開催された「違法ダウンロード範囲拡大を考える院内集会」では、マンガ家の竹宮惠子氏や赤松健氏など、本来は著作権法で権利を守られる立場...