フランス文化・通信省の文芸知財審議会、DRMによる電子書籍ファイル移動障壁についてレポート公開

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】フランスの電子書籍ニュースサイト「ID BOOX」によると、同国の文化・通信省の独立審議会の1つであるConseil supérieur de la propriété littéraire et artistique(以後:CSPLA)が、DRMによる電子書籍ファイル移動障壁についてレポートを公開しているとのこと。

 公開されたのは4月にまとめられた「Mission sur l’interopérabilité des contenus numériques」レポートで、DRMによって生じているユーザー側の電子書籍ファイル移動問題についての行政側への提言レポート。本レポートでは、配信契約書レベルでベンダー間のファイル相互移動を保障する条項を義務付けるよう、EU政府が介入すべきであると提言している模様。【hon.jp】

問合せ先:ID BOOXの記事( http://www.idboox.com/economie-du-livre/rendre-interoperables-les-ebooks-y-compris-ceux-damazon/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ