直接ネット上で株式公開できる「クラウドファンディング」法が米国で発効、電子書籍ベンチャーが多数登場か

【編集部記事】米オバマ大統領は現地時間の4月5日、緊急雇用対策の一環として、起業家がネット上で不特定多数に向け直接株式を公開できるようにする「クラウドファンディング法」(Jumpstart Our Business Startups Act)にサインをし、正式な法律として発効した。

 同法では、今までは証券法などで実質制限されていた私企業による株式の公募活動を大幅緩和し、年間100万ドル(約8,000万円)を上限に一般個人から株式割り当てを対価とした資金調達できるようにするというもの。

 電子書籍ブームに沸く米国の出版界でも、株式公開を行なうベンチャーや作家が後多く出てくるものと推測される。【hon.jp】

問合せ先:米ABCの報道( http://abcnews.go.com/blogs/politics/2012/04/obama-signs-jobs-act-into-law/