米スタンフォード大学医学部、患者相互治療プロジェクトを紹介するiPad向け電子書籍で無料公開、容量232MB

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Stanford大学医学部(本部:米国カリフォルニア州)は現地時間7月28日、同学部で行なわれているe-Patients(ネット技術を使った患者相互治療)プログラムを紹介するiPad向け電子書籍「Our e-Patients」を無料公開した。

 e-Patientsプロジェクトとは、SNSなど最新ネット技術を使い、患者同士で相互カウンセリング・治療活動を行なうという新しい実験プロジェクトで、同書は参加患者35名のプロフィールをビデオやテキストで紹介。電子書籍名は「Our e-Patients」で、Apple社のiBooks Authorで制作されており容量は232MBとなっているが、iPad以外のユーザー向けにビデオコンテンツ無し版のPDF版も用意されている。【hon.jp】

問合せ先:電子書籍「Our e-Patients」配布サイト( http://medicinex.stanford.edu/2012/07/28/our-e-patients/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告