Stanford大学チーム、人工知能プログラムに無料電子書籍サイト「Wattpad」のフィクション小説を読ませ、人間行動を予測する実験

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】20年ぶりの人工知能ブーム到来に沸く米国のIT業界で、案の定、人工知能に電子書籍を読書させて性能向上させようという試みが、複数箇所で始まったようだ。

 米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread.com」によると、そのような研究を現在始めているのは、Georgia工科大学・Stanford大学・Facebook社などそれぞれの研究チーム。中でも進んでいるのが、Stanford大学のチーム。Augurと呼ばれる人工知能botに、英語圏最大の電子書籍投稿コミュニティサイト「Wattpad」(本社:カナダ・オンタリオ州)のフィクション小説60万作品を読ませ、人間行動を予測できるかどうか実験。結果、用途によっては、94%の正解率を記録したとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Teleread.comの記事( http://www.teleread.com/can-books-teach-machines-to-understand-people/

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事