国立台湾図書館が2015年の出版業界レポート「紙書籍の発行点数は引き続き下降、一方電子書籍の発行点数は+31%」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】新華社通信によると、国立台湾図書館(本部:台湾・台北市)が現地時間2月19日、国内における2015年の出版業界レポートを公開したとのこと。

 この「2015年台湾図書出版現状及情勢分析」レポートは、毎年、国内出版5,000社超を対象にアンケート調査しているもの。その結果によると、紙書籍の発行点数は過去10年連続の減少を記録し、その一方で電子書籍の発行点数は前年比+31%と好調とのこと。

 この状況についてレポートでは、紙書籍の高価格と、若い世代のオンライン読書偏重が進んでいることが要因と分析している。【hon.jp】

問合せ先:新華社の報道( http://news.xinhuanet.com/2016-02/19/c_1118102671.htm

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事