電子出版コンサルタント、パリ市内に電子書籍端末の博物館・ミーティングサロンを開設予定

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】フランスの電子書籍ニュースサイト「ID BOOX」によると、同サイトの創設者の1人である電子出版コンサルタントのElizabeth Sutton氏が、パリ市内に私設の電子書籍端末の博物館「Petit musée de la lecture numérique」を開設する計画とのこと。

 この私設博物館はパリ市内のアパート2階分を想定しており、実質的には電子出版関係者のセミナールーム・ミーティングサロンとして運営する予定。過去20年間に販売された世界中の旧式・電子書籍端末も展示する構想となっており、旧式端末の寄贈や寄付金の受付を開始している。

 EU圏では中国OEMメーカー系の電子書籍端末が多くネット販売されており、それらのコレクターも存在する。過去にイタリアの電子書籍ユーザー会が博物館サイト「eBook Museum」を期間限定で公開したことがある。【hon.jp】

問合せ先:ID BOOXの記事( http://www.idboox.com/liseuse-numerique/ebook-un-petit-musee-de-la-lecture-numerique-en-preparation/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ