台湾の国立故宮博物院、自館発行出版物の電子書籍化を発表、台湾Acer社・米Zinio社などと共同で

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

【編集部記事】現地報道によると、日本人にもおなじみの台湾・国立故宮博物院(本部:台湾台北市)が、自館発行出版物の電子書籍化をスタートすることを発表したとのこと。

 美術館や博物館は、来館者やギフトショップ向けに自館発行の出版物を多数製作しているが、欧米圏ではここ数年それらを電子書籍化してネット上で販売するケースが増えている。国立故宮博物院は今回、3年間の検討期間を経て、台湾Acer社・米Zinio社などと共同で自館発行作品の電子書籍化・ネット販売を開始し、逆に紙書籍版の制作点数を減らしていく方針とのこと。【hon.jp】

問合せ先:China Newsの記事( http://www.chinanews.com/cul/2016/02-17/7760964.shtml

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。