IETF、検閲中を示すHTTP表示エラーコード「451」、由来は名作SF小説「華氏451度」

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】海外IT系メディアサイト等によると、HTTPプロトコルなどで、現在検閲(けんえつ)中を示す表示エラーコード「451」の追加がIETF等でほぼ内定したとのこと。

 Webブラウザを日常的に使っていると「そのページはありません(404)」をよく見るが、その404も決められたエラーコードの1つ。今回内定となった「451」は「政府による検閲のため表示できず」をユーザー側に知らせるためのもので、もともとはXML策定に携わったTim Bray氏が3年前に提案したもの。

 451の由来は、未来の焚書社会を描いた有名SF小説「華氏451度(Fahrenheit 451)」(著:Ray Bradbury)のタイトルから来ているという。【hon.jp】

問合せ先:The Vergeの報道( http://www.theverge.com/2015/12/21/10632678/http-status-code-451-censorship-tim-bray

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告