SF小説どおり?電子書籍否定派で有名な「華氏451度」作家のRay Bradbury氏がついに電子書籍版発売を許可

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、未来の焚書社会の事を描いた有名SF小説「華氏451度(Fahrenheit 451)」の作家Ray Bradbury氏が同著の電子書籍版の発売を許可した模様。

 Bradbury氏は出版業界でも有名な電子書籍否定派で、過去に新聞等のインタビューで「燃料(焚書)の臭いがする」「存在がない、空気同然」とコメントしていた模様。しかし、大手出版各社からの執拗なオファー攻勢や現行の出版契約の更新期限が迫っている関係もあり、電子書籍版をしぶしぶ許可した模様だ。【hon.jp】

問合せ先:米Salon.comのニュース( http://www.salon.com/2011/11/29/fahrenheit_451_finally_out_as_an_e_book/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告