英Nielsen Books「紙書籍よりも2〜3ドル以上安いと、50%の読者は電子書籍に流れる」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の出版業界季刊誌「Book Business」が、先月ドイツで開催されたFrankfurt Bookfairカンファレンスでの、英Nielsen Books社セミナーの概要を紹介している。

 英Nielsen Books社の調査手法によると、電子書籍市場は現在、個人出版と出版大手5社がシェアを伸ばしており、逆に中小出版社はシェアが縮小中。

 また、紙書籍vs.電子書籍の価格については「2〜3ドルの価格差」だと50%の読者が電子書籍に流れ、「4ドル以上の価格差」だと60%になるとのこと。結果、昨年末からの大手出版5社による電子書籍価格一斉引き上げはこの点を意識したもので、自社の電子書籍に読者が流れないようにしているのだろうとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Book Businessの記事( http://www.bookbusinessmag.com/post/self-publishing-big-five-dominate-book-market-according-nielsen/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事