英Nielsen Books統計で混乱、昨年の米国の電子書籍市場規模は前年比-6%だったと発表

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Ink, Bits, & Pixels」によると、先週米国ニューヨーク市で開催されたBook Expo America 2015カンファレンスで、英Nielsen Books社が2014年の米国の電子書籍市場規模は前年比6%ダウンだった発表したとのこと。

 英Nielsen Books社は、グループ企業でISBNエージェンシー事業も行なっているため、利害の関係で主要出版社以外の作品をカウントしない会社として有名だが、AAPなどが2014年を+5%プラス成長と発表した後のマイナス発表で、関係者を驚かせているとのこと。

 記事によると、Nielsen Booksは30社程度の大手出版社からしかデータを取っておらず、調査作業以前に、モデル側の前提ミスが原因だろうとしている。【hon.jp】

問合せ先:Ink, Bits, & Pixelsの記事( http://the-digital-reader.com/2015/06/01/neilsen-says-ebook-sales-dipped-6-in-2014-but-their-numbers-smell-funny/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事