米Columbia大学、電子書籍の海賊版サイトを研究するためのプロジェクト「Piracy.lab」を立ち上げ

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の名門大学の1つであるColumbia大学(本部:ニューヨーク州ニューヨーク市)が、今春から電子書籍の海賊版問題を研究するためのプロジェクト「Piracy.lab」を立ち上げ、研究データを蓄積しているとのこと。

 Piracy.labは、デジタル音楽と異なりほとんど注目されなかったデジタル書籍コンテンツの海賊版がどのような背景で流通するのか社会学的に研究するプロジェクト。現在、調査対象としてロシアの人気海賊版電子書籍サイト「Library Genesis」の作品データを日々収集し、公共図書館的な機能をしているのではないかという仮説に基づき調査を続けている。【hon.jp】

問合せ先:米Piracy.labサイト( http://piracylab.org/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告