米FAA、2014年から飛行機の離着陸時でも電子書籍端末などが使えるようルール改正する方針

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、米政府の航空行政を司る連邦航空局(同、通称FAA)は今週にも、航空機の離着陸時でも電子書籍端末が使えるようにルール改正作業に入る模様。

 現在、多くの国の航空会社では離着陸時に「iPadやKindle等の電子機器の電源をOFFにするように」乗客に義務付けている。しかし、FAAでは2012年8月から同規制の見直しについてパブリックコメントを募集し、ネットユーザーの多くから支持する反応を得ていた。

 今回のルール緩和は電子書籍の閲覧やゲームなど“非通信ユース”のみに絞られ、年明け2014年から発効する予定。通話やインターネット通信は従来どおり禁止のままとなる。【hon.jp】

問合せ先:米extremetech.comの記事( http://www.extremetech.com/electronics/167210-faa-to-permit-smartphone-and-ebook-reader-usage-during-takeoff-and-landing

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。