電子ペーパーベンチャーの蘭Polymer Vision社がアジア資本の傘下に入り、再生へ

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、業績不振に陥っていたオランダの電子ペーパー開発ベンチャーであるPolymer Vision社(本社:オランダ・アイントホーフェン市)は近日中にも、資本提携の発表を行う模様。

 Polymer Vision社は、同じオランダの大手家電メーカーRoyal Philips Electronicsから2004年にスピンアウトしたベンチャー企業。巻き取り式電子ペーパー端末「Readius」で有名な企業だったが、量産体制に入る前に親会社やベンチャーキャピタルの業績不振などのあおりから開発資金が枯渇し、この7月から売却先を探していた。

 報道によると、売却先はアジア系企業となる模様で、Polymer Vision自体は戦略を大幅変更し、開発を携帯端末から電子書籍専用端末にシフトさせる。【hon.jp】n

問合せ先:オランダでの報道( http://www.deondernemer.nl/artikel/1878966/Polymer-Vision-opgelucht

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事