「文章を少しイジればいい」独Fraunhofer Instituteが電子書籍向け電子透かし技術を研究中

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米paidContent.orgのよると、日本にも支部を持つドイツの応用科学研究機関Fraunhofer Institute(本部:ドイツ・ミュンヘン)が、新しいタイプの電子書籍向け電子透かし技術を研究中とのこと。

 電子透かしは、画像・ファイルIDなどを購入者別に改変することで、不法ダウンロード版の出先を追跡するという手法。記事によると、Fraunhofer Instituteでは従来とは異なり、本文テキストの一部単語を微妙にイジるアプローチを研究しているとのこと。

 作家や編集者からするととんでもない話だが、コンピュータ業界ではシャノンの時代から使われている手法で、デジタル的に“誤字・誤植”を生成する技術と考えればわかりやすいかもしれない。【hon.jp】

問合せ先:paidContent.orgの記事( http://paidcontent.org/2013/06/14/new-ebook-drm-will-change-the-text-of-a-story-to-prevent-piracy/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。