“折れ曲がる”電子書籍端末が当たり前の時代へ、露Wexler社がプラスチック型E-Inkディスプレイ採用の「Flex ONE」を発売

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ロシアの中堅電子部品メーカーAvirsaグループのタブレット販売会社Wexler社(本社:ロシア・モスクワ市)は今月、世界初となる“折れ曲がる”電子書籍端末「Wexler Flex ONE」を発売した。

 価格8,990露ルーブル(約2.3万円)で販売開始されたこのFlex ONEは、韓国LG電子が先月発表したプラスチック基盤方式のE Ink電子ペーパーディスプレイを世界で初めて正式採用した端末。解像度1024×768の6型E Inkディスプレイを搭載し、タッチ画面やネットワーク機能は搭載しないものの、USB 2.0経由でPDF/EPUBなど主要な電子書籍ファイルを転送できるようになっている。ボディがゴム状になっているため、ある一定の角度まで本体を折ることができ、耐ショック性も大幅アップしている模様。

 今後は同社を皮切りに、似たような折れ曲がる電子書籍端末が主要メーカーから続々発売されることが予想される。【hon.jp】

問合せ先:YoutubeユーザーによるFlex ONEレビュー( http://www.youtube.com/watch?v=Nq12ot9ttYY

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /