1ページあたりデータサイズが2〜4倍に、新iPadの高解像度ディスプレイ採用で画像系の電子書籍ビューワに試練

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のデザイナーブログ「Stuntbox」によると、先週Apple社(本社:米国カリフォルニア州)の新iPadが高解像度のRetina液晶ディスプレイを採用したことは、画像系の電子書籍ビューワ開発者にとってちょっとした試練になるだろうとのこと。

 記事によると、問題となるのは各ページを画像方式で表示するタイプの電子書籍・電子雑誌ビューワで、1ページあたりのデータサイズが単純計算で2〜4倍相当になる。Stuntboxによると、とくに問題となるのが表示品質を重んじる雑誌コンテンツで、長期的視野に立ち、これを機会にHTML5方式などへの移行を真剣に検討することを薦めている。【hon.jp】

問合せ先:Stuntboxブログ( http://stuntbox.com/blog/2012/03/retina-display-reckoning-for-magazine-publishers/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: