米国内におけるGoogle Book Searchのスキャン活動がペースダウンしていることが明らかに

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の大学関係者向け業界紙「The Chronicle of Higher Education」によると、Google社(本社:米国カリフォルニア州)が提携大学と行なっている「Google Book Search」サービス向けの紙書籍スキャンの作業ペースがここ1年で半減していることが判明したとのこと。

 Michigan大学図書館やWisconsin大学図書館などによると、ここ1〜2年はGoogle側のスキャン冊数がピーク時と比べて半減しており、未スキャン作品がなくなってきたのではとコメント。しかし、Google社は2010年時点で世界中に約1.3億作品の紙書籍が存在することを識別しており、まだその15%程度しかスキャンできていない。

 そのため、ペースダウンの本当の理由は、スキャン機器の設計上の限界かもしくはGoogle社内の戦略変更によるものである可能性もあるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Chronicle of Higher Educationの記事( http://chronicle.com/article/Google-Begins-to-Scale-Back/131109/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: