紀伊國屋書店、電子図書館「LibrariE」導入校に一部コンテンツを期間限定無償提供 ~ 新型コロナウイルス感染拡大を受け

電子図書館サービス「LibrariE」
電子図書館サービス「LibrariE」

《この記事は約 1 分で読めます》

 株式会社紀伊國屋書店は3月13日、電子図書館サービス「LibrariE」を導入している学校図書館に対し、一部のコンテンツを期間限定で無償提供していることを発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた対応。

 無償提供の対象は、株式会社KADOKAWAの「角川つばさ文庫」など100点。マルチライセンス(同時接続可能)で、貸出数の制限はない。期間は4月5日まで。LibrariEが導入されている学校図書館は、2020年3月現在で大学59館、学校33館。

 LibrariEは、新刊小説、英語多読書、実用書、問題集など5万5000点以上をラインアップ。運営は株式会社日本電子図書館サービス(JDLS)で、紀伊国屋書店と株式会社図書館流通センター(TRC)が代理店になっている。

参考リンク

紀伊國屋書店のプレスリリース(共同通信PRWire)

広告

著者について

About 鷹野凌 596 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / / / / / / /