モリサワ、テレワーク実施企業の「MORISAWA PASSPORT」利用許諾を緩和、個人PCも利用可能に ~ 新型コロナウイルス感染拡大を受け

モリサワ公式サイトのお知らせ
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社モリサワは3月12日、テレワークを実施する企業向けに、「MORISAWA PASSPORT」利用許諾緩和の実施を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応する企業を支援するのが目的。

 MORISAWA PASSPORTの利用範囲は通常、ライセンスの取得者が所有、または、リースもしくはレンタル契約している端末に限定されている。テレワークで自宅PCなど別端末を使う場合に、MORISAWA PASSPORTが利用できない状態となっていた。

 現在の契約で利用している端末を持ち出すことができず、契約者が所有またはリース・レンタルする代替PCを使用する場合は、現使用PCのライセンスを解除後、新しい端末にインストールする。やむを得ず個人PCなどを使用する場合は、モリサワ公式サイトにあるフォームから申請を行う。出社禁止など会社PCのライセンス解除ができない場合も、フォームより相談すること。

 申込期間は4月30日まで。使用許諾の緩和期間は2020年12月末まで。

参考リンク

モリサワ公式サイトのお知らせ
https://www.morisawa.co.jp/about/news/4871

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 510 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)。アイコンは©鈴木みそ氏
タグ: /

関連記事&広告