ジャストシステム、連想変換と推測変換を強化した「ATOK for Windows」を2月1日公開、「一太郎2020」は2月7日から販売、スマホメモアプリ「一太郎Pad」は2月7日から配信

一太郎2020とATOK Passport
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 株式会社ジャストシステムは12月4日、「ATOK Passport」と「ATOK Passport[プレミアム]」で提供しているプログラムやクラウドサービスの内容を2月1日から更新すること、日本語ワープロソフト「一太郎2020」を2月7日から発売予定であることなどを発表した。以下、都内で行われた発表会での様子をレポートする。

 文書作成の環境が多様化していることから、今回の一太郎の製品コンセプトは「広がる文書作成」。2月7日からApp StoreとGoogle Playで無償提供されるスマートフォンアプリ「一太郎Pad」で、写真内のテキストを自動抽出してWi-Fi経由で一太郎へ転送できる。キーボードや音声での入力も可能。

 また、「一太郎2020」では、PDFや画像ファイルを直接開くことができるようになった。画像は文字データとして読み込むことも可能。誤読しやすい語などにルビを自動で振る機能や、文節改行、文章校正機能の強化、ハイライト表示などが搭載される。

 なお、一太郎は2020年で35周年を迎える。そこで記念パッケージ「一太郎2020 プラチナ[35周年記念盤]」を用意。写真を切り抜いてロゴが作成できる「フォトモジ」、イラスト70点の「昭和・平成・令和 時をかけるイラスト70」、モリサワフォント26書体、「大辞林4.0 for ATOK」、「ATOK for Windows 一太郎2020 Limited」、音声読み上げソフト「詠太10」、グラフィックソフト「花子2020」、「JUST PDF 4」なども同梱される。

 2月1日に更新予定の「ATOK for Windows」は、「ATOK Passport」および「ATOK Passport[プレミアム]」に搭載される。「一太郎2020」に同梱される「ATOK for Windows 一太郎2020 Limited」は、クラウド辞典、クラウド校正、クラウド推測変換など一部機能が限定されている。

 強化される推測変換機能は、2回以上繰り返したフレーズをまとまりとして認識し、候補を表示する。読点や句点を超えた複数の文章でも認識し、時短入力が可能になる。連想変換機能は、確定せずに削除したり、文字列確定直後にアンドゥを使って取り消して、再度、似た意味の言葉を入力すると、ATOKが「違う表現を探している」と認識し、言い換え表現を自動表現する。

 ATOKクラウド辞典サービスは、Windowsだけでなく、MacやAndroidでも利用できる。「大辞林4.0」や、最新版「ウィズダム英和辞典/和英辞典」「広辞苑」「故事ことわざ・慣用句辞典」「敬語のお辞典」などが利用できる。

 また、一太郎35周年記念で12月4日から、一畳分のスペースに、デスクとクローゼットと本棚を備えたパーソナルスペースが設置できる組み立てキット「OTONA基地 一太郎35周年記念BASE by UNITEBOARD」の予約を開始した。ダンボール式構造体「KAMIITA(かみいた)」を採用。黒と白の2種類で、2月6日から出荷開始予定。
 OTONA基地 一太郎35周年記念BASE by UNITEBOARD

参考リンク

Just MyShop「一太郎2020」予約ページ
https://www.justmyshop.com/products/ichitaro/
Just MyShop「OTONA基地 一太郎35周年記念BASE by UNITEBOARD」予約ページ
https://www.justmyshop.com/detailitem/?itemcode=7021913

noteで書く

広告

About 鷹野凌 321 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / /

コメントする

avatar
1000

関連コンテンツ