デジタルより紙派は書籍で7割以上、マンガ・雑誌は6割以上 ~ 日本製紙連合会調査

日本製紙連合会公式サイトより

《この記事は約 2 分で読めます》

 日本の製紙業・パルプ製造業の事業者団体である日本製紙連合会は11月29日、「ビジネスパーソンの紙媒体とデジタル媒体の利用に関する意識・実態調査」の結果を発表した。書籍は7割以上、マンガ・雑誌は6割以上、新聞でも過半数が紙派であることがわかった。

 この調査は、日本在住の20代から60代のビジネスパーソンを対象に、11月1日から6日にかけてネットリサーチで行われた。サンプル数は623(男性446、女性117)で、株式会社ネオマーケティングのアンケートモニターからのランダムサンプリング。年齢は、20代から50代はそれぞれ20%代、60代は10%代とのこと。

日頃から紙で使いたいもの/デジタル化して使いたいものは?

 紙の利用意向のほうが強かったのは、書籍(73.5%)、手紙(68.9%)、マンガ(62.1%)、雑誌(61.2%)、手帳(58.6%)、新聞(54.9%)。逆に、デジタルの利用意向のほうが強かったのは、写真(83.6%)、地図(79.8%)。
日頃から紙で使いたいもの/デジタル化して使いたいものは?

デジタルにはない紙の良さは?

 書き込みや切り貼りができる(43.2%)、持ち運べる(31.%)といった機能性や、温かみ(30.7%)、さわり心地(29.2%)などの情緒的な特長も挙がった。
デジタルにはない紙の良さは?

紙の手帳を買う予定は?

 42.7%が「ある」と回答。
紙の手帳を買う予定は?

紙の手帳の良さは?

 予定以外にもメモができる(56.7%)、データが飛ばない安心感がある(40.3%)、手書きだから愛着がある(31.9%)など。
紙の手帳の良さは?

デジタル手帳の良さは?

 どこからでもアクセスできる(57.8%)、修正が簡単(43.8%)、過去の検索が楽(40.6%)など。
デジタル手帳の良さは?

参考リンク

ペーパー君の紙レポート(日本製紙連合会公式発表資料・PDF)

広告

著者について

About 鷹野凌 596 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: /