カドカワがKADOKAWAに商号変更、純粋持株会社から事業持株会社に

カドカワ公式サイトIRニュースのページより
カドカワ公式サイトIRニュースのページより
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 カドカワ株式会社は5月14日、「株式会社KADOKAWA」への商号変更予定を発表した。6月20日開催の定時株主総会で承認されたのち、7月1日付けにて変更する。現在の株式会社KADOKAWAは会社分割によってすべての事業をカドカワへ承継し、カドカワは純粋持株会社から事業持株会社へと変更される。

 カドカワは2014年10月1日に、当時の「株式会社KADOKAWA」と「株式会社ドワンゴ」の経営統合により設立された、統合持株会社「株式会社KADOKAWA・DWANGO」が前身。2015年10月1日に、現在の商号「カドカワ株式会社」へ変更した。

2019年3月31日までのグループ体制
2019年3月31日までのグループ体制

 その後、ドワンゴの業績悪化に伴い、2019年4月1日にドワンゴの管理業務の一部を会社分割によってKADOKAWAへ承継。ドワンゴを、KADOKAWAの100%子会社、カドカワの孫会社とするグループ体制の再編を行っていた。
2019年4月1日からのグループ体制(ドワンゴが孫会社に)
2019年4月1日からのグループ体制(ドワンゴが孫会社に)

 7月1日からドワンゴは、KADOKAWA(旧カドカワ)の子会社となる。旧KADOKAWAは商号を「株式会社KADOKAWA Future Publishing」に変更し、出版物の製造・流通子会社を束ねる中間持株会社となる。大百科ニュース社は、ドワンゴとの吸収合併で6月1日に解散予定。
2019年7月1日以降のグループ体制(予定)
2019年7月1日以降のグループ体制(予定)

参考リンク

カドカワのリリース(PDF)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/9468/tdnet/1706202/00.pdf
カドカワIRニュース
https://info.kadokawadwango.co.jp/ir/news.html

noteで書く

広告

About 鷹野凌 313 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / /

関連コンテンツ