フロントライト搭載の新型「Kindle」出荷開始 ~ エントリーモデルが3年ぶりにモデルチェンジ

Kindle
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 アマゾンジャパン合同会社は4月10日より、新型「Kindle」端末の出荷を開始した。同社が提供する「Kindleストア」専用電子書籍端末のエントリーモデルで、3年ぶりのモデルチェンジとなる。

 新型Kindleは、E Ink電子ペーパーディスプレイで、エントリーモデルとしては初めて、明るさが調整できるフロントライトを搭載した。なお、2012年11月に日本で初めて発売された「Kindle Paperwhite」は当初からフロントライト搭載で、当時は7980円であった。

 新型Kindleにフロントライトが搭載されたことにより、上位モデルである現行のKindle Paperwhiteとの違いは、内部ストレージ容量(4GB / 8GBまたは32GB)、解像度(167ppi / 300ppi)、フラットベゼルか否か、防水か否か、Wi-Fi+4Gのモデルがあるか否か、ということになる。

 価格は、新型Kindleの広告付きが8980円、広告なしが1万0980円。Kindle Paperwhite 8GBの広告付きが13980円、広告なしが15980円。Kindle Paperwhite 32GBの広告付きが15980円、広告なしが17980円と、3万円前後である最上位モデルの Kindle Oasisを除くと、数千円刻みでラインアップされていることがわかる。

参考リンク

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 540 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学と二松學舍大学の非常勤講師でデジタル編集論と表象メディア演習を担当 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / /

関連記事