フロントライト搭載の新型「Kindle」出荷開始 ~ エントリーモデルが3年ぶりにモデルチェンジ

Kindle
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 アマゾンジャパン合同会社は4月10日より、新型「Kindle」端末の出荷を開始した。同社が提供する「Kindleストア」専用電子書籍端末のエントリーモデルで、3年ぶりのモデルチェンジとなる。

 新型Kindleは、E Ink電子ペーパーディスプレイで、エントリーモデルとしては初めて、明るさが調整できるフロントライトを搭載した。なお、2012年11月に日本で初めて発売された「Kindle Paperwhite」は当初からフロントライト搭載で、当時は7980円であった。

 新型Kindleにフロントライトが搭載されたことにより、上位モデルである現行のKindle Paperwhiteとの違いは、内部ストレージ容量(4GB / 8GBまたは32GB)、解像度(167ppi / 300ppi)、フラットベゼルか否か、防水か否か、Wi-Fi+4Gのモデルがあるか否か、ということになる。

 価格は、新型Kindleの広告付きが8980円、広告なしが1万0980円。Kindle Paperwhite 8GBの広告付きが13980円、広告なしが15980円。Kindle Paperwhite 32GBの広告付きが15980円、広告なしが17980円と、3万円前後である最上位モデルの Kindle Oasisを除くと、数千円刻みでラインアップされていることがわかる。

参考リンク

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About 鷹野凌 270 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / /

関連コンテンツ