新春講演会 2019年の電子出版はどうなる?──JEPAセミナー資料を公開します

JEPAセミナー
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 毎年、ご好評をいただいている年始恒例のセミナーです。HON.jp News Blog 編集長の鷹野凌が、メルマガで毎週配信している「気になるニュースまとめ」から、2018年の電子出版関連の主な動きを振り返り、2019年を予測しました。

開催概要

日時:2019年1月9日(水) 15:00-17:30(14:30受付開始)
料金:JEPA会員社:無料、非会員社:3000円
会場:麹町/紀尾井町:株式会社パピレス 4階セミナールーム
主催:日本電子出版協会(JEPA)

内容

2018年の出版関連動向予想
  1. 雑誌の人材がウェブに流れる動きが加速する?
  2. デジタルファーストが拡大する?
  3. 大手企業を核とした業界再編(離合集散)が進む?
  4. 出版でのFinTech活用が進む?
  5. ドメスティックな産業からの脱却(コンテンツ輸出)が進む?
2019年の出版関連動向予想
  1. メディア自体の信頼度がより一層問われるようになる
  2. 既刊も含めた書籍の電子化率が高まる
  3. マンガ表現の多様化が進む
  4. 学校や図書館向けの電書供給が本格化
  5. オーディオブック市場の拡大が本格化
過去の振り返りと予想(JEPA)

内容

noteで書く

広告

About 鷹野凌 275 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / /

関連コンテンツ