カナダのトロント市立図書館の電子書籍担当者インタビュー「専任スタッフ2名が毎日選書作業中」

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Good E-Reader」が、電子書籍貸し出しの普及に積極投資しているカナダのトロント市立図書館(本部:カナダ・オンタリオ州)の電子書籍担当者Maria Cipriano氏のインタビュー記事を掲載している。

 同インタビューによると、同館は3年前から電子書籍貸し出しの普及活動をスタートさせ、2016年には年間貸し出し回数が500万回を突破し、同国最大の電子図書館となっている。供給元として契約しているブラットフォームベンダーは米OverDrive社や米Zinio社など複数社で、なおかつ選書自体は館内で行なう方針であるため、専任スタッフ2名が毎日、ネット上での評価などをチェックしながら選書作業に従事しているとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Good E-Readerの記事( http://goodereader.com/blog/e-book-news/toronto-public-library-discusses-audiobook-and-e-book-curation