米Nielsen、米国内における書籍市場調査から撤退、市場調査会社NPD Groupに関連事業すべてを譲渡

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の消費財市場調査会社NPD Group(本社:米国ニューヨーク州)は先月20日、メディア市場調査大手のNielsen社(本社:同)から、米国内の書籍市場調査事業すべてを継承したことを発表した。

 ネット調査の大手でもあるNielsen社は、書籍市場調査についてはもともと英国を中心に行なっていたが、2013年に米国のISBNエージェンシーであるBowker社(本社:米国ニュージャージー州)の市場調査・データベース部門を買収し、米国内における書籍市場の調査を強化方法を模索していた。しかし、POS追跡が不可能な電子書籍(非ISBN系)台頭や書店減少、Webクローラーを使った調査手法の台頭などもあって、データの信ぴょう性の低下が指摘されていた。

 今回の撤退によって、Nielsen社は、書籍市場調査については従来どおり英国市場のみに注力していく方針。【hon.jp】

問合せ先:NPD Groupのプレスリリース( https://www.npd.com/wps/portal/npd/us/news/press-releases/2017/npd-acquires-nielsen-us-market-information-and-research-services-for-book-industry/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事