米Washington Post紙で明らかとなった、付加価値を高めるため急速に進むデジタルコンテンツ・バンドリング

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Jeff Bezos氏が所有する米Washington Post紙は先々週、電子版のサービス拡充のため、地方紙をバンドル販売することを発表したことを受け、米国のIT業者団体Software & Information Industry Associationが面白い記事を投稿している。

 記事によると、今回のWashington Post紙の戦略は電子版ユーザーに対する付加価値を高める施策ではあるが、ニッチマーケットの電子出版社でも有用な戦略であるとのこと。もちろん、自社作品とターゲットマッチするコンテンツパートナーを見つけて提携交渉する手間はあるが、サブリクプション販売モデルなどを折り混ぜながら、いろいろと発展の可能性は大きいとしている。【hon.jp】

問合せ先:Software & Information Industry Associationの記事( http://www.siia.net/blog/index.php/2014/03/content-exchanges-could-offer-subscribers-new-value/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。