JR東日本と日立、山手線車内でカラー電子ペーパーの広告表示実験をスタート

《この記事は約 1 分で読めます》

 株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区)と東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区)の3社は共同で、12月14日からカラー型電子ペーパーディスプレイを使った広告表示実験を山手線車内で開始した。

 1ヵ月間の期間限定で行なわれる今回の実証実験では、日立製作所が開発した電子ペーパーディスプレイを計6面設置し、より意匠を凝らした約30社の広告(静止画)を2分間隔で表示。JR側ではこの実験の結果をもとに、新しい広告ディスプレイ装置として有用性を確認したい意向だ。

 なお、モノクロ版の電子ペーパーディスプレイについては、すでに昨年12月に東京駅地下構内での試験が行われている。

【関連サイト】
ジェイアール東日本企画の本件に関するニュースリリース
http://www.jeki.co.jp/news/20061211_01.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /