中国のネット最大手Tencent社、ユーザー同士で読書時間を競い合う電子書籍SNSアプリ「微信読本」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】中国のインターネットサービス最大手Tencent Holdings社(本社:中国深圳市、騰訊控股有限公司)は現地時間8月27日、ソーシャルリーディング型の電子書籍ビューワアプリ「微信読本」を中国国内で配信開始した。

 Tancent社はメッセンジャーソフト「QQ」など各種オンライン媒体・EC・広告事業で有名な中国のネットサービス最大手。この新アプリは同社グループの会員システムと連携したEPUB/TXT形式ファイル対応の電子書籍SNSアプリで、読書仲間を見つけ、チャットをしたり、お互いの読書時間を競えるようになっている。iOS/Android版で提供。【hon.jp】

問合せ先:微信読本アプリ紹介サイト( http://weread.qq.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: