紙書籍のページ上に置くと、点字が浮き出る電子書籍端末コンセプト「Haptic Reader」

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の工業デザインブログ「Tuvie.com」で、視覚障碍者向けの点字ディスプレイ電子書籍端末のコンセプトが掲載されている。

 このHaptic Readerと呼ばれるコンセプトデバイスは、紙書籍のページ上に置いたら、点字が浮き出るというもの。さらに、合成音声での朗読にも対応する。

 技術的には、たとえば点字ディスプレイ部分については、タッチスクリーン開発ベンチャーTactus Technology社(本社:米国カリフォルニア州)がすでに近い技術を開発・発表しているため、まんざら遠い未来話でもなさそうだ。【hon.jp】

問合せ先:Tuvie.comの記事( http://www.tuvie.com/haptic-reader-helps-blind-people-reading-non-braille-books/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ