米IBMが電子書籍ファイルフォーマットEPUB3を社内文書の1つに正式採用、IDPFの活動にも参加

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】業界標準電子書籍ファイルフォーマット「EPUB」を推進するIDPF(本部:米国ワシントン州)は現地時間2月13日、IBM社(本社:米国ニューヨーク州)がEPUB3を社内文書ファイル形式に採用し、その活動概要をホワイトペーパーとしてネット公開することに賛同したと発表した。

 IBMは従来より顧客に向けてEPUB形式で多くのシステムサポート関連書籍をネット上で公開しており、EPUBファイル制作についても多くのノウハウを持っていた。IBMは今後、IDPFのアクセシビリティ勉強会やReadium Foundationでのビューワ開発にも参加していく意向とのこと。【hon.jp】

問合せ先:IDPFのプレスリリース( http://idpf.org/news/ibm_adopts_epub

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事