電子書籍エージェンシー・モデル訴訟、Apple社の監視人排除要請を控訴審が却下、引き替えに監視権限を縮小

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、Apple社の電子書籍のエージェンシー・モデル価格裁判についてニューヨーク連邦地裁が認定した監視人をApple社が排除要請していた件について、控訴審は今週、その要請を却下した模様。

 事の発端は、電子書籍エージェンシー裁判を担当したDenise Cote判事が昨年7月にApple社の電子書籍契約行為を監視する第三者として元司法官のMichael Bromwich氏を指名。しかし、Bromwich氏が最初の2週間の報酬として138,432ドル(約1,400万円)をApple側に請求してきたことから、Apple側は一審の裁判官だったDenise Cote判事およびBromwich監視人が本案件の適材ではないと要求していた。

 控訴審は却下と同時に、監視人は「あくまでも監視のみが職務があって、役員や従業員に証拠提出などを命じてはならない」とBromwich氏の権限縮小を命じた。【hon.jp】

問合せ先:米New York Times氏の報道( http://dealbook.nytimes.com/2014/02/10/court-rejects-apple-appeal-in-e-book-case/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: