W3C Digital Publishing ActivityリーダーのIvan Herman氏「メタデータ、電子書籍ビューワ間の付箋データ共有などが課題」

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Semanticweb.comに、World Wide Web Consortium(本部:米国マサチューセッツ州、以後:W3C)のDigital Publishing ActivityリーダーであるIvan Herman氏のインタビュー記事が掲載されている。

 Digital Publishing Activityは、昨年6月に新設された電子出版全般に関わる討議を行なうための新グループ「Digital Publishing Interest Group」内の中心チームで、Herman氏はSemantic Webグループから異動してきた。

 インタビュー記事によると、Herman氏は当面重要視している課題として1)EPUB電子書籍ビューワ間での付箋データの共有、2)乱立する電子書籍のメタデータ規格の整理、などを取り上げている。【hon.jp】

問合せ先:Semanticweb.comの記事( http://semanticweb.com/ivan-herman-discusses-lead-role-w3c-digital-publishing-activity-semantic-web-can-fit-work_b41404

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事