バチカン図書館、グーテンベルグが印刷した1455年の聖書をスキャンしてネット上で公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】バチカン教皇庁は、活版印刷の発明者として有名なヨハネス・グーテンベルクの当時の聖書をスキャンしてネット上で公開した。

 今回公開されたのはバチカン図書館が所蔵している原本で、グーテンベルグ本人がドイツで印刷工房を稼働させた直後の1冊と推定されている。グーテンベルグの名前は聞いたことはあるが、その作品を実際に見たことがない人は必見だろう。【hon.jp】

問合せ先:グーテンベルグの1455年版聖書( http://bav.bodleian.ox.ac.uk/icv/page.php?book=arch._b_b.10&page=1

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。