Google Book Searchフェアユース審理スタート、Denny Chin判事がGoogle・Authors Guild両者の主張を聞く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】2005年から始まったGoogle Book Search裁判の、フェアユース論点での審理が現地時間9月23日から始まった。

 被告側のGoogle社(本社:米国カリフォルニア州)と原告側の作家団体The Authors Guild(本部:米国ニューヨーク州)はすでにそれぞれ意見陳述書をニューヨーク連邦地裁に提出しており、争点となりつつあるのが著作物の「変容的利用」と、「議会での著作権法改正が必要かどうか」の2点。

 初日となる23日、担当するDenny Chin判事はGoogle側の行為が「変容的利用」の範囲内かどうか思案するため、Google弁護団への質問を繰り返していた模様だ。【hon.jp】

問合せ先:The Authors Guildのプレスリリース( http://www.authorsguild.org/general/guild-lawyers-urge-judge-to-reject-googles-fair-use-claim-uphold-authors-rights/

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事