議論白熱「作家団体The Authors GuildとAuthors Unitedは大手出版5社の傀儡(かいらい)団体」

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】個人作家たちのネット発言力が急速に増している米国で、当然の流れとして、旧来型の作家団体に対して疑念の声が高まっている。

 発端となったのが、ITニュースサイト「Techdirt.com」に有名作家Barry Eisler氏が寄稿した「Authors Guilded, United, And Representing… Not Authors」という記事。Eisler氏に名指しされているのは、The Authors Guild/Authors Unitedの2団体。両団体とも、表面上は作家の権利保護を訴えながら、GoogleやAmazonなど新興勢力を相手に訴訟を起こしても、大手出版5社相手には決して訴訟を起こさないという。

 Eisler氏曰く、この2団体は作家団体のフリをした、大手出版5社の傀儡(かいらい)団体であるとのこと。案の定、コメント欄には多くの賛同者たちが集まっており、現在も議論が白熱している。【hon.jp】

問合せ先:Techdirt.comの記事( https://www.techdirt.com/articles/20150729/15551431793/authors-guilded-united-representing-not-authors.shtml

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事