Amazon・Kobo・Sony社、電子書籍端末へのアクセシビリティ機能搭載義務をなくすよう米FCCに嘆願書

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の全盲者向けニュースサイト「Blind Bargains」によると、Amazon・Kobo・Sonyのメーカー3社が、電子書籍端末へのアクセシビリティ機能搭載義務をなくすよう米FCCに嘆願書を提出したとのこと。

 アクセシビリティ機能とは、視覚障がい者でも機器端末が行なえるようにするためのユーザーインターフェイス機能で、通常は合成音声システムを使う。米国には、公共機関・公共施設などが視覚障がい者に対応しない機器を推奨・導入してはいけないという法律(ADA法)があり、アクセシビリティ機能に対応していない機器は納入できない。

 電子書籍メーカー3社は上記とは別のFCC規制に対する免除願いのようで、今年5月付けで提出された模様。なお、Barnes & Noble社はこの署名に名を連ねていない。【hon.jp】

問合せ先:米FCCが公開した嘆願書PDF( http://apps.fcc.gov/ecfs/document/view?id=7022314526

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事