日本HP、au携帯電話から遠隔地へのリモート印刷サービスを提供

noteで書く

《この記事は約 6 分で読めます》

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、au携帯電話から遠隔地にあるHPインクジェットプリンタでのプリントを実現する携帯電話向けアプリケーション「HP Instant Share for EZアプリ(BREW(R))(エイチピー インスタントシェア フォー イージーアプリ)」を開発し、12月上旬よりサービス提供を開始することを発表した。デジタル写真での先進的なコミュニケーションサービスを提供することで、世界中でデジタル写真を楽しめる環境作りを推進するという。

 本サービス開始に先駆け、10月5日より開催される「CEATEC JAPAN 2004(シーテック ジャパン 2004)」KDDI株式会社(以下KDDI)ブースにてデモンストレーションを実施。

 HPは、今後も世界中の人々が場所や時間に縛られず自由にデジタル写真を楽しめる先進的な環境を提供するために、最新技術の開発とパートナーシップを広げ新しいデジタル写真コミュニケーションの提案を目指すとする。

〈世界初の携帯電話からインターネット経由でのプリント出力を実現〉
 HP Instant Share for EZアプリ(BREW(R))は、携帯電話で撮影した写真を、簡単に遠隔地にあるHPインクジェットプリンタでプリントできるau携帯電話アプリケーションだ。KDDIが提供するau第3世代携帯電話「CDMA 1X WIN」の「EZアプリ(BREW(R))」対応モデルで利用可能(*2)。携帯電話ユーザは、撮影したデジタル写真を場所・時間を選ばずにリモート印刷できる。携帯電話からインターネットを経由したインクジェットプリンタへの直接的なデジタル写真プリント出力は世界初(*1)となる。

 写真の送信方法は簡単で、HP Instant Share for EZアプリ画面よりプリント先のHPインクジェットプリンタを指定し、携帯電話で撮影した画像を送信。プリント指定可能なプリンタはブロードバンドでインターネットに接続している世界中のHPインクジェットプリンタ(*3)で、受信した写真は簡単なボタン操作でプリントアウトできる。複雑な作業なしでプリントできるため、例えば、遠方に居住する家族がすぐに写真を受け取ることができるほか、外出先などで携帯電話で撮影した写真を直接自宅プリンタでプリントできる。また、同じ写真を複数のプリンタに送信し、写真プリントを共有することも可能だ。

 HP Instant Share for EZアプリ(BREW(R))サービスの利用は無料。(*4)

*1:携帯電話から画像を送信し、インターネットを経由してインクジェットプリンタより画像を直接プリントする、リモート印刷出力機能として。2004年10月4日時点。日本HP調べ。
*2:機種により利用できない場合がある。携帯電話からの写真送信は日本国内に限りられる。
*3:事前にプリンタ名を付属のPCアプリケーションによって、HP Instant Shareサーバに登録する必要があります。また、携帯電話のHP Instant Share for EZアプリ画面から、登録されたプリンタ名を入力する必要がある。
対応プリンタ:HP Photosmart 2710 All−in−One、HP Photosmart 2610 All−in−One、HP Officejet 7410 All−in−One(以上全て2004年10月27日発売予定)
*4:携帯電話へのアプリケーションダウンロード時および画像送信時のパケット通信料、また、プリンタのブロードバンドインターネット接続通信料は利用者負担となる。

〈プリンタを利用した次世代型デジタル写真コミュニケーションを提案〉
 日本の携帯電話市場ではカメラ付き携帯電話の普及が急速に進んでおり、搭載カメラの高画質化が加速している。このような状況の中、HPは新しいカメラ付き携帯電話の使い方として、プリンタを媒介としたデジタル写真によるコミュニケーションに着目。携帯電話で写真を撮影して見るだけでなく、撮影した写真を保存性の高いプリント写真として距離を越えて共有する新しい楽しみ方を提案する。今回のサービスは、HPのサーバからプリンタに至る幅広い製品ラインアップとそれを支える高い技術、および、KDDIのau携帯電話端末技術や高速通信網を組み合わせることにより実現したものである。

〈「HP Instant Share」について〉
 HPは、お客様がデジタル写真を様々な形で楽しめるよう、インターネット経由でのデジタル写真サービス「HP Instant Share」を2002年秋より提供する。HPの高いインフラ技術を用いて構築した専用自社製サーバで運営されている。従来、PCおよびHPインクジェットプリンタからサーバのディスクスペースへの画像アップロード、HPインクジェットプリンタからPCへの画像送信が可能だったが、この度、サービス機能を強化。au携帯電話からHPインクジェットプリンタへの直接出力を実現したほか、PCから遠隔地のHPインクジェットプリンタへの直接出力、HPプリンタ同士でデジタル写真の送受信および直接出力が可能になり、HPプリンタに新しい楽しみ方が追加された。

■CEATEC JAPAN 2004(シーテック ジャパン 2004)概要
通信・情報・映像に関する最新の技術・製品・システム・ソフトの総合展示会。
会 期:10月5日(火)〜10月9日(土)5日間 午前10時〜午後5時
 ※10月5日(火)は、午後12時〜午後5時
会 場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター) 住所:千葉市美浜区中瀬2−1
 ※KDDIブース(展示ホール4(東4ホール))にてデモンストレーション実施
主 催:CEATEC JAPAN実施協議会

<問い合わせ先>
ホームページ: http://www.hp.com/jp/inkjet_is
カスタマー・インフォメーション・センター:03−5304−6660

【関連ページ】
日本ヒューレット・パッカード(株)の本件に関するニュースリリースのホームページ
http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2004/fy04-176.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告