Amazon、個人向け電子書籍出版サービス「Kindleダイレクト・パブリッシング」を国内でもスタート

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は10月25日、個人作家向けの電子書籍出版サービス「Kindleダイレクト・パブリッシング」を日本国内でもスタートした。

 「Kindleダイレクト・パブリッシング」は北米圏では昨年まで「Kindle Digital Text Platform」と呼ばれていた同社の個人向けの電子書籍出版サービス。HTML・ Word・EPUB・XMDFなどのファイルをアップロードして変換し、電子書籍として販売できる。

 売上に対する著者へのロイヤリティ率は基本35%だが、「70%ロイヤリティ契約オプション」もあり、後者を選んだ場合はAmazonが規定しているいくつかの条件(パケット通信料は作家負担、自動価格調整への同意など)に従わなければならない。

 ただ、この「Kindleダイレクト・パブリッシング」でX億円プレイヤーになった個人作家も少なくなく、日本の出版界の構造を大きく変革するきっかけになることだけは確実だ。ついに、“黒船”が現われて、大砲を撃ったようだ。【hon.jp】

問合せ先:Kindleダイレクト・パブリッシングのサイト( https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/signin

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告