アゴラ研究所、個人向け電子書籍出版サービス「アゴラMPサービス」を開始、AmazonでのPOD版販売にも対応

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社アゴラ研究所(本社:東京都千代田区、旧社名:アゴラブックス)は1月16日、個人作家向けの電子書籍出版サービス「アゴラブックス・メディアパブリッシング(MP)サービス」を開始し、原稿の受付を開始したことを発表した。

 アゴラは、経済評論家・池田信夫氏のブログを中心に政治批評分野で読者を急速に増やしている電子出版社。2010年3月に「株式会社アゴラブックス」として創業(12月1日に現社名に変更)し、サイト上で有名著者やジャーナリストの作品を中心に、電子書籍を独自発行・販売していた。

 今回の新サービスでは、個人作家の原稿も受付けるようになり、審査を通過した作品について、印税率15%で電子書籍化およびAmazon.co.jp上でのPOD出版の出版業務を代行するとのこと。【hon.jp】

問合せ先:アゴラMPサービスの概要( http://www.agorajp.com/release/20120116.php

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: