経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」、現在の電子書籍ファイル制作達成状況をサイト上でグラフ表示

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】日本出版インフラセンター(本部:東京都新宿区)は9月27日、経産省「コンテンツ緊急電子化事業」を活用した紙書籍の電子化費用の一部負担について、現在のプロジェクト進行状況をサイトトップでグラフ表示した。

 「コンテンツ緊急電子化事業」とは、東日本大震災からの復興の一環として、国が中小出版社の東北関連書籍をはじめとする書籍等の電子化費用の一部を負担するというもの。公式サイトは4月からオープンし、作品の申請受付や制作会社の公募等を行なっている。

 9月27日付けのグラフによると、想定申請タイトル数は現在41,549点で、補助金達成率は3.94%とのこと。【hon.jp】

問合せ先:緊デジ.jpのトップページ( http://www.kindigi.jp/

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事