米国電子書籍ユーザーの読書量は24作品/年、紙書籍ユーザーは15作品/年、ライターサイトがinfographicで説明

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のフリーライター向けニュースサイト「Freelance Writing Jobs」は現地時間5月28日、ここ数ヶ月間さまざまな機関から発表されている電子書籍ユーザーに関する統計調査をわかりやすくまとめたチャート図(infographic)を掲載した。

 同サイトによると、2011年度の米国内における電子書籍ユーザーの平均読書量は24作品/年と、一般の紙書籍ユーザーの15昨年/量を大幅に上回っており、さらに購入vs.レンタルを比較した場合、電子書籍ユーザーのほうが一般ユーザーよりも購入比率が高いとのこと。

 また、電子書籍端末市場ではAmazon社のKindle Fireの売上高が圧倒的1位だが、それもApple社のiPadの売上と比較すると「4:68」と比較にならないほど劣勢であることが如実にわかる。【hon.jp】

問合せ先:Freelance Writing Jobsの記事( http://www.freelancewritinggigs.com/2012/05/look-ereading-trends/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /