地元の電子書籍販売サイトは窮地に、英国政府が電子書籍の付加価値税を20%のままでいくことを確認

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】英The Bookseller.comの記事によると、英国財務省は電子書籍に現在課せされている付加価値税の税率20%を当面下げないことを再確認した模様。

 欧州委員会(EC)は原則として電子書籍を「文化財」として認めていないため、EU各国は電子書籍については20%前後の付加価値税を徴収することが義務付けられている。しかし、ルクセンブルクは罰則覚悟で電子書籍の税率を3%にする予定で、同国に法人登記しているAmazon/Apple/Sonyなどの電子書籍大手サイトは、まもなく欧州全土に対して3%の税率で電子書籍を販売開始する予定。

 現行のEUルールでは、電子コンテンツは販売国側の税率が適用されるため、イギリス人を含め、今後欧州系の電子書籍ユーザーの大半が、税率が圧倒的に安いAmazon/Apple/Sonyなど“ルクセンブルク系”電子書籍販売ベンダーに殺到することが予想される。【hon.jp】

問合せ先:The Bookseller.comの報道( http://www.thebookseller.com/news/uk-government-holds-firm-e-book-vat.html

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事